小学生でも教えられます!

皆さんこんにちは、トレーナーの引地です。

先日、出張トレーニングで、小学生の女の子とわんちゃんのレッスンに行って来た時の話です。

柴犬と何かのミックスの男の子(中型)なので引っ張りが危ないとママも心配されていました。
男の子らしく、お外に出たらマーキング♪ 確かに危ない。

そして、そばにいる、私にマウントを狙っているのが良くわかりました。


急にたくさんのルールを言っても 頭がいっぱいになるものです。

子供が親ごさんに「宿題は?」「ご飯は?」,,,などたくさんのことを言われたら

うるさい!! となるのと同じです。

または

「何度も宿題やりなさい」と言われると、「わかってるよ」となりますよね

 

それと同じこと結構、わんちゃんには言ってしまっていませんか?

片道で1個のルールを伝えて、出来て来たら、次のルール の1日2個くらいの宿題とステップアップを

伝えたところ、翌週まで一生懸命やってくれたようで、

ママがお散歩に言っても「いい子でした」と感謝されました。

でも、「教えたのは娘さんですよ」と言う話をして、相乗効果で娘さんもママに褒められ自信をつけてくれました!!

こんな小さなきっかけで、コミュニケーションが取れるようになってくる姿を見ると本当に感動します。

何かできる1個を見つけてあげることの積み重ねで十分!!

欲張りすぎないように私も気をつけよう!!と思います (^^)

詳細はこちら

犬のしつけでお悩みなら、「ウィジードッグクラブ草加舎人」

「ウィジードッグクラブ草加舎人」は、愛犬と一緒に楽しく過ごせる空間作りを大切にしております。 家ではできるのに外ではできない、聞いてほしい時に言うことを聞かない等のお悩みがありましたら、ぜひお問い合わせください。

詳細はこちら